新型日産ノートの燃費など

新型ノートの特徴は、5ナンバーサイズを踏襲しながらも、1200ccスーパーチャージャー付きエンジンを搭載しているところです。

使い勝手と先進性を融合させた車で、小さくてもとても立派な車に仕上がっています。
取り回しや普段の使い勝手を考えると、小さいほうが楽で、運転が楽な新型日産ノートは、ドライブを何倍も楽しいものにしてくれます。

新開発のスーパーチャージャー付きエンジンは、98馬力で、燃費は、JC08モードでS DIG-Sが25.2km/Lとなっていて、メダリストとX DIG-Sが24.0km/Lとなっています。

カタログ燃費では22.6km/Lになっていますが、実際に走ってみると、都内の昼間で12.6km/L、信号のない峠を飛ばさずに走ると14.7km/L程度の燃費になります。

新型ノートは、ダウンサイジングしたプラットフォームを採用することにより、ティーダより全長が短いにもかかわらず同等の室内空間を実現しています。

後席は足を組んでも余裕の広さがあり、ゆとりの空間を提供しています。
ティーダ譲りの上質なインテリアが自慢で、インパネでは新しい塗装方法を採用していて、メーターは高級感のあるファインビジョンを全車に装備しています。

上質志向のユーザーも満足できるクオリティを実現しています。

ソリオ値引き

カテゴリー:   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。